Latest Article
Content

株式投資を行う際に力強い味方となってくれる存在に、投資顧問があります。

世の中には数多くの投資顧問がありますが、その中でも多くの口コミが寄せられているのがファーストリッチ投資顧問という会社です。口コミのなかにはネガティブな内容のものも含まれていますが、実際にこの会社は信用するに足りるのか、以下ではその真相を解説します。

ファーストリッチ投資顧問の口コミ

指でバツ印を作っているスーツ姿の女性

最初にファーストリッチ投資顧問について、実際に寄せられている批判的な口コミの内容について見ていくことにしましょう。まず、似たような内容が多く投稿されているのが、「ファーストリッチ投資顧問が推奨している銘柄を購入したにもかかわらず値下がりばかりで大損をさせられ、同社のサービスは詐欺である」というものです。

しかしながら、株式市場の動きを全て見通すことは不可能なことであり、いくつかの要素を基にして値上がりが見込める銘柄を少しでも高めることが株式投資においては重要となります。そうだとすると、一定の判断基準をもとに推奨銘柄を示してくれる同社のサービスは詐欺と呼べるものではありません。もちろん、ときには推奨銘柄が値下がりすることはありますが、それによって損を被ったからといって、同社を詐欺呼ばわりすることは的外れといえるでしょう。

他に口コミとして見かけることが多いのが、「登録した途端に大量のメールが届くようになり迷惑」というものです。これについても、投資顧問はいかに多くの投資情報を顧客に提供するかによって評価される側面があるため、一概に酷評されるようなものではありません。メールの件数が多くて読み切れないというだけで批判すべきではありません。

口コミサイトはフェアとは言えない?

口コミサイトのイメージ

インターネット上にはファーストリッチ投資顧問をはじめとする投資顧問の評判についてまとめてある口コミサイトがいくつも存在しますが、それらに投稿されている口コミの内容を無条件に信頼すべきではありません。というのも、人間の心理として誰かに損をさせられた場合には、深い恨みを抱く傾向にあるのに対し、逆に誰かから利益を受けた場合にはそこまでの感謝の気持ちを持ちにくいということが言えるためです。

それゆえ、投稿される口コミもネガティブなものが多くなる傾向にあり、それらを信じた場合には、実際以上にその対象のことが悪く見えてしまうおそれがあります。

また、優良な投資顧問を見つけた場合に、その利用者はなるべくその投資顧問を人には教えたくないと思いがちです。多くの人がその投資顧問の推奨銘柄を知れば知るほど、株式市場にそのことが織り込まれて利益を得ることができる機会が限定されてしまうため、優良な投資顧問を絶賛するような口コミは基本的には投稿されにくいと考えておくべきです。

以上からわかるように、口コミサイトにはネガティブな投稿ばかりが寄せられる傾向があり、決してフェアとは言えません。そのため、その内容だけを見て投資顧問の優劣を判断することは避けた方が良いでしょう。

逆ステマなんてこともある

悪評を流しているライバル投資顧問のイメージ

投資顧問について検索サイトなどを使って調べていると、口コミサイト以外に投資顧問各社について批判的な分析や評価を掲載しているサイトが存在していることが分かります。これらは、すべてが眉唾とは言えないまでも、一部には逆ステマと呼ばれる悪質な広告が紛れ込んでいる可能性があるため注意が必要です。

ここで「逆ステマ」とは、逆ステルスマーケティングの略語で、一般ユーザーに成りすましてライバル企業についてのネガティブな情報を流すことをいいます。個人のサイトを装っているにもかかわらず、やたらと業界事情に詳しかったり、特定の投資顧問だけにネガティブな感情を抱くように誘導しているサイトは逆ステマの可能性があると疑った方がよいでしょう。

なお、この逆ステマの運営者は、必ずしもライバルの投資顧問のスタッフという訳ではありません。例えば、他の投資顧問に誘導するようなアフィリエイトブログの運営者が、ライバルの投資顧問へ閲覧者が流れないように、わざとそれらの悪評を書き込むということもあり得るのです。こういったものも逆ステマには該当するのですが、運営者としては決して批判している投資顧問にネガティブな感情を持っているわけではないのが厄介なところです。

まとめ

虫眼鏡を持っている笑顔のスーツ姿の女性

以上で見てきたように、ファーストリッチ投資顧問についてネガティブな口コミが投稿されているサイトがありますが、それらの中には一定の逆ステマサイトが含まれているため、すべてを信頼することは避けるべきです。また、優良な投資顧問については他人に教えたくないというのが利用者の心理ですので、口コミだけに踊らされるのではなく、真相については自分自身で確かめることが重要です。

公式ツイッターはこちら